雨の中 のんびりゆっくり峠超えツーリング 48km。 & お渡しの人気クロスバイクご紹介です!!

おはようございます〜。

 

アップが少し遅くなってしまいました・・・m(__)m

 

 

今日は予定していました通りに、雨の中・・・のんびり山岳ツーリングへ行ってきました〜。

 

 

 

 

 

 

 

実は、昨日の夕方。

 

お店の試乗車として、シクロクロスバイクを組み立てしました。

 

スペシャライズド 「 クラックス スポーツ 」。 2017年モデルです。

 

 

シクロクロスに参戦するわけでもありませんが、このバイクでツーリングバイクを組みたいと思っていました。

油圧ディスクブレーキ搭載ということで、一番初めにエア抜きをしなければいけません。

 

 

完成後には、バイクパッキング風に前後のバッグを装着。

パンク修理道具と、工具を少し入れて、それなりに見えるように・・・汗

 

 

 

 

 

 

今日のルートは、真木林道から、山古志へ抜けて、裏八方台から帰ってきました。

 

 

 

 

 

初めの10分くらいでもうすでに全身がビチャビチャだったので、

それ以降はあんまり気にならなくなりました・・・笑

 

 

 

 

 

 

 

荒れている道もあったり・・・・ 黄金に輝く棚田をみたり ・・・・

のんびり峠超えをしていると、いろんな景色が見れますね〜。

 

 

 

 

 

 

半蔵金から、栃尾へ行くルートが工事中で、自動的にグラベルライドになりまして・・・

ちょうどいい感じに走れました( ̄∀ ̄)

 

 

そのあとは、土砂降りとなり ・・・ 真っ白でよく見えない八方台を下って

帰ってきました。

 

 

48km 。

 

この距離で、2時間30分くらいかけて、のんびりツーリング。

 

今まではロードで走っていると、ゆっくり景色も見れないところもありましたが、

のんびり走ると景色も綺麗で、心もスッキリしてきます。

 

 

ロード用油圧ディスクブレーキは今日のような天気には最高のアイテムで、

雨でも乗ろう!! という気にさせてくれます。

 

雨の峠の下りも安心して乗れますので、同じようなツーリングを楽しみたい方は

ぜひいろんなディスクロード、グラベルロード、ツーリングバイクをチェックして見てください。

 

 

 

 

 

 

ちなみに、上の画像のレッドのバイクと、こちらのブラックカラーは、

お買い得価格で店頭販売中です。

 

シクロクロスバイクとなりますが、油圧ディスクブレーキ搭載でツーリングバイクとしても使えます。

 

ぜひチェックしてみてください〜。

 

 

 

 

今日はお渡しさせていただきますクロスバイクをアップさせていただきます。

 

 

 


 

 

 

 

まずは大人気クロスバイク。

 

トレック 「 FX3 」 ¥72000(税別) です。

 

毎年、当店で人気No1のクロスバイクです。

 

 

 

 

 

 

カラーリングはマットブラック。

 

フロントフォークは、カーボンフォークになっていまして、軽量になっています。

 

 

 

 

 

 

前年度と、変更点はなく、手の痺れにくいグリップや、お尻の痛くなりにくいサドルなど

人気のパーツがついてきています。

 

まずは、自転車通勤や、フィットネスでお使いの方は、クロスバイクから始めてみましょう。

よろしくお願い致します。

 

少しずつバイクに慣れてきたら、ロングライドにもチャレンジしてみてください〜。

ありがとうございました!!

 

 

 

 

続きまして・・・ このバイクのディスクブレーキ仕様。

 

 

 

 

 

 

トレック 「 FX3 ディスク 」 ¥78000(税別) です。

 

ワイヤー式と同じく、カーボンフォーク仕様となっています。

 

 

 

 

 

 

ディスクブレーキはシマノ製。

しっかりと効くので、雨の日でも安心です。

 

リムブレーキとの違いは、リムがあまり汚れないこと。

ブレーキシューを使っていないので、ホイール周りが汚くなったりしにくくなっています。

 

 

2019年のニューモデルは、ディスクモデルのほうがカラーリングが豊富で4種類となっています。

 

きっと好きなカラーがあると思いますので、店頭にてチェックしてみてください。

 

 

ありがとうございました!!!!

 

 

 

ではでは・・・・・また夕方アップします。

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事を書いた人

遠藤 健太
遠藤 健太cycleworks Fin'sマネージャー
東京での学生時代にBMXフラットランドに魅せられ、自転車のある生活を始める。全国を転戦した後に長岡に戻って家業を継ぎ、そこでMTBやロードバイクの面白さに初めて気づき、のめり込む。日々の充実した整備内容にはエリートホビーレーサーとして走る自身の経験則もプラスされている。
この記事がイイね!っと思った方は是非シェアしてください!Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter
遠藤 健太

遠藤 健太

東京での学生時代にBMXフラットランドに魅せられ、自転車のある生活を始める。全国を転戦した後に長岡に戻って家業を継ぎ、そこでMTBやロードバイクの面白さに初めて気づき、のめり込む。日々の充実した整備内容にはエリートホビーレーサーとして走る自身の経験則もプラスされている。