SIDI、NRC、LAKEシューズなど、展示会の続き〜。 明日から長期出張に行ってきます。

本日3回目の書き込みです。

 

少し台風の状況が気になる天気予報となっていますが、

新潟県からは少しずれてくれたようですね。

 

今週末はフジロックを含め・・・・

いろんなイベントが開催されますので、イベントの中止だけは避けたいところです。

 

 

 

そして・・・・ 明日から、少し長期の出張に出ます。

 

 

27・28日 シマノ 新型XTR 試乗会 〜 シマノバイカーズ視察

29日 ・・ 移動日

30・31日 キャノンデール ブランドキャンプ

31日 スコット、ウィリエール、コラテック など 展示会

 

 

ということで、バタバタの5日間出張になりますが、通常の営業ですので

皆様からのご来店をお待ちしておりますm(__)m

 

 

 

今週末のモーニングライドについては、台風の動きが気になりますので

全て中止とさせていただきます。 各個人で楽しんで乗りましょう!!

 

よろしくお願い致します。

 

 

 

 


 

展示会情報の続きをアップしていきます。

 

 

 

 

 

 

 

まずはイタリアンシューズメーカー 「 SIDI 」 から。

 

私も使用していますSHOT。

 

マットレッドカラーなど、新しいカラーリングが登場します。

 

 

 

 

 

 

 

こちらはWIRE2。

 

SHOTのラチェット部が痛いと感じている方もいるようで、

サイドにBOAの位置をずらしています。

 

フィット感はSIDIの一番良いところなので、このシステムはよりフィット感が増しそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

新しくなったエルゴシリーズ。

エルゴ5 です。

 

 

 

 

トップモデルと比べ、ソールがコンポジットソールなのでガチガチではなく

ロングライド派の方にはこちらの方がオススメです。

 

 

 

 

 

 

 

最後に・・・・ポディウムシューズ。

 

ソールが柔らかくて、ランニングでも使えそうですね。

 

SIDIを使っている方は、普段遣いにいかがでしょう??

 

 

 

SIDIの2019年モデルは以上です。

 

 

 

 


 

 

 

 

続きまして・・・・ 超大人気サングラス 「 NRC 」。

 

 

カールツァイス社のレンズを使用していまして、見え方が半端なく素晴らしいサングラスです。

 

 

新しいモデルは、「 X3 」 シリーズの交換用レンズ で

 

「 スノーモデル 」 「 MTBトレイルモデル 」 の2つ。

 

来春入荷予定です。

 

 

そして・・・一番上のサングラスが新しいモデルで・・・・

 

 

 

 

 

 

こんな感じの大きめなレンズとなっています。

 

価格等は未定。

 

乞うご期待。

 

 

 

 

 

 

 

 

同じ会場でLAKEシューズの試着会も開催されていました。

 

個人的にロングライド派の方にオススメなシューズが ・・・ 「 CX241 」。

 

幅広・甲高の足型の多い日本人には、ぴったりだと思います。

 

 

各地で開催されますシューズの試着会でぜひご試着よろしくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

最後に ・・・・ ソールスター。

 

自分はこれで、パワーが10W〜15Wほど上がりました。

 

少し高額なインソールではありますが、それなりの効果が出ます。

 

履いているシューズでサイズが違ってきますので、お店にてサイズのチェックをよろしくお願い致します。

 

 

 

 

ではでは・・・・・出張中でもHPのアップはします。

チェックをよろしくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事を書いた人

遠藤 健太
遠藤 健太cycleworks Fin'sマネージャー
東京での学生時代にBMXフラットランドに魅せられ、自転車のある生活を始める。全国を転戦した後に長岡に戻って家業を継ぎ、そこでMTBやロードバイクの面白さに初めて気づき、のめり込む。日々の充実した整備内容にはエリートホビーレーサーとして走る自身の経験則もプラスされている。
この記事がイイね!っと思った方は是非シェアしてください!Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter
遠藤 健太

遠藤 健太

東京での学生時代にBMXフラットランドに魅せられ、自転車のある生活を始める。全国を転戦した後に長岡に戻って家業を継ぎ、そこでMTBやロードバイクの面白さに初めて気づき、のめり込む。日々の充実した整備内容にはエリートホビーレーサーとして走る自身の経験則もプラスされている。