新潟県ロードレース選手権 エントリー締め切り 5月6日まで。 & 修理でお渡しのバイクご紹介です。

おはようございます〜。

 

本日も定休日ということでお休みさせていただいております。

 

雨ということですが・・・小降りな感じなので頑張って少しだけ乗ってきます・・・( ̄▽ ̄)

 

 

 

その前にHPをアップしてから・・・。

 

 

 

【 県選手権(ロードレース) エントリー締め切り 5月6日まで。 】

 

 

今年も弥彦の公道を使用しまして、新潟県のトップ選手を決めるレースが開催されます。

 

今年の開催日は、5月27日(日)。

 

昨年は、チームのエース 池田選手が優勝し、その後 都道府県対抗レースでも

県勢としては久しぶりの入賞を果たしてくれました。

 

 

新潟県ロードレース選手権 、 エントリーは5月6日(日)までとなります。

 

ビギナー、女子、登録の部など 、エントリーされる方は

店頭のエントリー用紙に記入の上、エントリー費をお支払いください。

宜しくお願い致します。

 

 

* チームとしてまとめてエントリー・入金をさせていただきます。

 

 

県選手権の詳細は ・・・ 「 こちら 」 からチェックしてみてください。

 

 

今年もチームフィンズの応援宜しくお願い致します!!!!

 

 

 


 

【 修理でお渡しのバイクをご紹介です。 】

 

 

今週も、修理やメンテナンスのお客様は、そのままお持ちいただけます。

ゴールデンウィークの関係で、お渡しが遅くなる可能性もございますが

お預かりさせていただきますので、修理・メンテナンスのお客様はお気軽にお持ちください。

( ゴールデンウィーク中はその場での修理に関して、できない可能性が高いのでお預かりになります。 )

 

 

 

さて・・・ お渡しさせていただきます修理のバイクをご紹介していきます。

 

 

 

 

 

 

こちらのスコットのロードバイクは ・・・

佐渡ロングライドへ出場するということで、ワイヤー交換などの消耗部品を交換させていただきました。

 

 

 

 

 

 

バーテープは、カラーに合わせてシンクロスのバーテープをチョイス。

 

佐渡ロングライドに向けて、ゴールデンウィークは乗り込んでください!!

 

ありがとうございました〜(^O^)

 

 

 

 

 

こちらのバイクは、長野県から大学進学でこちらに来られた学生の方から

修理の依頼でした。

 

 

 

 

 

丸々、4年くらいメンテナンスをしていないということなので、

ワイヤー・ブレーキシュー・バーテープ・チェーンと、消耗部品を一新。

 

 

 

 

 

新車同様な感じに仕上がりました!!

 

金曜日から通学で使うということなので、木曜日に引き取りをよろしくお願いします( ´ ▽ ` )ノ

 

ありがとうございました!!!

 

 

 


 

【 越後長岡チャレンジサイクリング2018 サイスポさんへアップされました〜。 】

 

 

 

 

* 店頭にてチラシ配布中です。

 

 

「 越後長岡チャレンジサイクリング2018 」。

7月16日(月・祝) 開催となっております。

 

本日、「 サイクルスポーツ 」 さんのウェブページにアップしていただきました!!

↓ ↓

「 こちら 」 

 

 

7月の3連休は、この越後長岡にて、大自然のロングライドと、長岡の食を堪能して

最高の連休をお過ごし下さい!!

 

全国各地より、皆様のエントリーをお待ちしております〜。

 

 

* ボランティアスタッフ 、 ご協賛をいただける企業様 、 ポスターを貼っていただけるお客様、

大募集中です。 詳しくはスタッフまで宜しくお願い致しますm(_ _)m

 

 

 

ではでは・・・・また明日アップします。

 

 

 

 

この記事を書いた人

遠藤 健太
遠藤 健太cycleworks Fin'sマネージャー
東京での学生時代にBMXフラットランドに魅せられ、自転車のある生活を始める。全国を転戦した後に長岡に戻って家業を継ぎ、そこでMTBやロードバイクの面白さに初めて気づき、のめり込む。日々の充実した整備内容にはエリートホビーレーサーとして走る自身の経験則もプラスされている。
この記事がイイね!っと思った方は是非シェアしてください!Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter
遠藤 健太

遠藤 健太

東京での学生時代にBMXフラットランドに魅せられ、自転車のある生活を始める。全国を転戦した後に長岡に戻って家業を継ぎ、そこでMTBやロードバイクの面白さに初めて気づき、のめり込む。日々の充実した整備内容にはエリートホビーレーサーとして走る自身の経験則もプラスされている。